ワキガを千葉のクリニックで治療した体験

周りに人が寄ってこない原因は?

周りに人が寄ってこない原因は? : 問い合わせに親切に対応してくれたクリニック : 脇の臭いに悩まず前向きな気持ちになれた

ワキガの治療を千葉で受けることになったのは、信頼できるクリニックとの出合いが切っ掛けです。
脇汗のニオイが気になり始めたのは学生の頃で、当時はまだまわりの友人に指摘される程度でした。
自分では少し臭いかなという感じで、特に他人と比べて強烈に臭いとは思わなかったです。
今思えば、学生時代は汗臭いといじられることが結構あったので、既にワキガの兆候がみられていたものと思われます。
冗談くらいに思っていたのであまり気にすることなく、学生時代を過ごして社会人になりました。
問題はこの社会人になってからで、明らかに友人からの誘いが激減したり、まわりに人が寄ってこなくなったことに困惑しました。
友人からの誘いは、社会人になって忙しいのだと考えましたが、人が寄ってこない方は理由を考えても分からず、お手上げ状態に陥ります。
誰かに相談しようにも避けられてしまうので、これは自分に何か避けられるほどの問題があるとの結論に至りました。
この時に学生時代にいじられていた脇汗を思い出し、もしや本当に臭くて、しかも悪化しているのではと考えるようになりました。
それから人に会うのが怖くなり、早く原因を特定して解消せねばとの気持ちが強まります。
最初は、思い込みで精神的なものがそう思わせているのではと考え、心療内科クリニックに相談してみました。
そこでは親切に話を聞いたりアドバイスをくれましたが、帰る際に脇の臭いという言葉が聞こえたように思いました。
とても小さな声だったのでハッキリとは断言できませんが、しかし確かにそう聞こえた感じがしたので、急に顔が青ざめて呼吸も荒くなりました。
確実に脇の臭いが人を遠ざけているのだと確信してしまい、意を決して脇汗に詳しい千葉のクリニックを探し相談することに決めます。